Gmailへの独自ドメインメール追加方法について

1.Gmailの画面を開きます。
2.下図の①、②の順番に左クリックして、設定画面を開きます。
3.メールの受信設定を行うため、下図中の赤枠内をクリックします。
 
4.ここから先はメールの受信設定になるため、個別に発行されているメールアカウント情報に基づき設定してください。
※設定を求められる「アカウント名」とは、メールアドレスを指します。
独自ドメインのメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。
 5.「他のアカウントからメールを読み込む(POP3)」が選択された状態で、「次へ」をクリックします。
 6.「ユーザー名」にはメールアドレス、「パスワード」にはメールパスワード、「POPサーバー」には、弊社が指定したサーバー名を入力してください。管理者が分からない場合、お手数ですが、弊社担当までご連絡ください。
ポート番号は「995」を選択します(暗号化されたメールを受信させる場合。暗号化しないメールを受信させる場合は、「110」を選択します。)。
「取得したメッセージのコピーをサーバーに残す。」には、特別な理由がない場合を除いてチェックを入れないでください。
このGmailアカウントの中でのみメールを受信させる場合、メール受信後もメール受信サーバーからメッセージが消えず、メールボックスが一杯になる原因となります。
「メールの取得にセキュリティで保護された接続(SSL)を使用する」にチェックを入れます。
※必要に応じてラベルを付けますが、メール受信の際に必ず必要となる項目ではありません。
「アカウントを追加」をクリックして下さい。
設定内容に不備がない場合、独自ドメインのメール受信設定が完了します。
7.メールの送信設定を行うため、下図中の赤枠内を入力します。
8.「名前」は、メールを送信した相手先に表示される名前となります。
「エイリアスとして扱います。」にはチェックが入ったままにして下さい。
入力が終わりましたら、「次のステップ」をクリックします。
9.下図中の赤枠内をクリックします。
「SMTPサーバー名」は、弊社が指定したサーバー名を入力してください。
管理者が分からない場合、お手数ですが、弊社担当までご連絡ください。
「ユーザー名」にはメールアドレス、「パスワード」にはメールのパスワードを入力して下さい。
「ポート番号」には「587」を選択して下さい。
「TLSを使用したセキュリティで保護された接続」を選択して下さい。
「アカウントを追加」をクリックして下さい。
設定内容に不備がない場合、独自ドメインのメール送信設定が完了します。
Return Top