INFO 各サービスからの新着情報

2020.01.04

Windows7 Extended Security Updates 2020のご案内

2020年1⽉14⽇以降、Windows7のサポートが終了されることは周知の通りですが、更に3年間(2023年1月まで)Windows7 のセキュリティ更新プログラムをご提供するサービスが「Windows 7 Extended Security Updates 2020」です。

運用上、Windows10に置き換えることができないPCに対し適用させることで、Windows7を3年間ご利用になることが出来ます。

Windows 7をダウングレードでご利⽤の⽅はご注意ください。
Windows 10 Pro から ダウングレード している PC プリインストール版 Windows 7 Pro は、2020年1⽉14⽇以降、Windows7の利用権が無くなるためEULA(使⽤許諾契約)違反となります。
そのため、継続利⽤の為にはExtended Security Updates(ESU)が必要です。

● 商品コード・・・・・ZCSP‐SS/F0FL732N
● 商品名・・・・・・・【SW_Subsc】Windows 7 Extended Security Updates 2020
● 店頭単価・・・・・・7,259円(税抜)
※こちらは1年⽬の価格となります。※適⽤期間は、いつ購⼊してもサポート終了⽇(2020年1⽉14⽇)から1年後までとなる⾒込みです。
※2年⽬以降の価格は現時点では未定です。
※1年⽬ご注⽂後、⾃動更新はされませんのでご注意ください。

ここから追記(2019年1月9日)#####
ご注意点について
Windows7 ESU(Extended Security Updates 2020) は、
適用対象がWindows7の「Professional」及び「Enterpriseのみとなっております。
その他のバージョンでは適用ができません

Windows7の「Professional」及び「Enterprise」への現在選択できるアップデート
方法に関しましては、確認中です。

分かり次第、改めてご案内させていただきますとともに、webサイトへの公開を行いますので、いま少しお待ちください。

なお、下記に関しましては、お見積もりのご依頼をいただきました方に資料と併せてお送りしております。
・Windows7 ESU(Extended Security Updates 2020) の適用方法
・お見積もりからMAKキー発行までの流れについて
Windows 7 Extended Security Updates 2020(Windows 7 ESU)の適用方法について (2020年1月22日追記)
ここまで追記#####

ご参考記事

(以下、マイクロソフト公式サイトからの一部抜粋)
拡張セキュリティ更新 (ESU) プログラムとは何ですか?

拡張セキュリティ更新 (ESU) プログラムは、サポート終了期限を経過した Microsoft の特定のレガシ製品を必要とするお客様が最終手段として利用できるオプションです。ESU には、緊急*または重要* なセキュリティ更新プログラムが含まれています。これらの更新プログラムのサポート期間は、製品の拡張サポート終了日の後、最大 3 年間となっています。

拡張セキュリティ更新プログラムは、利用可能になった場合に配布されます。ESU には、新しい機能、お客様からの要求によるセキュリティ以外の更新プログラム、設計変更要求は含まれていません。

Windows 7 および Windows Server 2008/R2 のすべてのユーザーには、2020年1⽉14⽇に更新プログラムが提供されます。これらのオペレーティング システムは、この日までサポートされます。2020年1⽉14⽇を越えると、これらのオペレーティング システムの更新プログラムは、ESU のユーザーのみが対象になります。

マイクロソフト公式サイト
ライフサイクルに関する FAQ – 拡張セキュリティ更新プログラム

Windows 7 の拡張セキュリティ更新プログラムに関する FAQ (2020年1月12日追記)

Microsoft ライフサイクル ポリシー

 

御導入に関するご相談やお見積もりなどに関しまして、
弊社お問い合わせフォームもしくはお電話にて
弊社担当まで直接ご連絡ください。
また、”Windows7 Extended Security Updates 2020″専用
お見積もりご依頼フォームをご用意しましたので、併せてご利用ください。