Microsoft OneDrive for Business

OneDrive for Business でゴミ箱からデータの復旧が出来ない場合の対応について

OneDrive for Business のユーザーは、
誤ってOneDrive for Businessに保存しているファイルやフォルダを削除してしまっても、クラウド上のゴミ箱にデータが残っているので安心して元に戻せる
そんな安心感を持っていると思います。

今回、何らかのエラーによってゴミ箱から復旧できない現象が発生しましたが、慌てる必要はありません。サーバーにはしっかりとデータは残っており、更にゴミ箱も二重化になっているます。
OSや様々なブラウザ、プラグインなどの関係から、正常に稼働する環境を見つけるのは、今後、ユーザーにとって必要なことかもしれません。

Office365の管理画面(今回はOffice365Business Premiumの画面)

今回OneDrive for Businessで起きた現象については、改善できた事例についてご紹介します。
※全ての環境において、この事例が適用できるとは限りません。
1.OneDrive for Business の「ゴミ箱」において、復元したいファイルやフォルダを復元できない場合、画面左下にある「従来の OneDrive に戻す」を左クリックします。

2.「ゴミ箱」を左クリックします。
「従来のOneDrive」のゴミ箱

3.削除したいファイルもしくはフォルダを選択し、「選択したアイテムの復元」を左クリックします。
今回はこの作業によって、無事にフォルダが復元できました。
全ての環境において、この方法で復元できるとは限りませんが、もし通常使っているOneDrive for Business の環境において、ゴミ箱からの復元ができない場合、試してみては如何でしょうか?
同じように、SharePointにおいても一旦ゴミ箱に入ったデータを復元することができない場合、「従来の SharePoint に戻す」というボタンによって、従来のゴミ箱から復元ができるようです。

よろしければ、参考にしてみてください。

URL
TBURL
Return Top