Windows10

Windows10マシンへの買い替えの際の参考としてのCPUの性能比

今でも根強く利用されているWindows7ですが、いよいよ2020年1月14日にマイクロソフトによるサポートが終了になります。

そこで、Windows10マシンへの買い替えの際の参考として、CPUの性能比についてご紹介します。
みなさまがPCを選択する際の最も多い基準となる順番は、
1.デスクトップPCかノートPCか
2.CPU性能
3.メモリ(の大きさ)
4.Windows10のHomeかProか

おおよそこのような順番で選んでいます。
そして最後に金額で選んでいるようですが、実際には、個人用と法人用で金額が異なる為、安いPCを購入する場合は個人用を選んでしまうことが多いですが、法人用PCは法人として利用する上で必要となる要素が含まれているので、企業の担当者がご自分でPCを選ぶ際には、十分に注意して選択すると良いと思います。

さて、今回の本題に入ります。
1.CPU性能について
メーカーでは、インテルやAMDなどいくつかありますが、みなさんが最も目に触れることの多い、インテルCoreシリーズについて触れていきます。
企業の担当者は、Core i3はCore i5よりも劣っているが価格が安く、Core i5はCore i7よりも劣っているが価格が安い、という知識は持っていますが、具体的にそれぞれがどのような特徴を持っているかまでは、分からないことが多いようです。

そこで、以下の表をご覧ください。参考:ライフハッカー

例えば、ワードやエクセルなどのOffice系ソフトの使用中心、いくつかのアプリケーションを同時に立ち上げて作業する、ディスプレイを2台並べて作業する、画像や動画編集を行う、などの作業によってどのCPUが必要になるかがおおよそ判断できます。

より具体的に、CPU型番が持つ性能や、各CPUに適した作業については、分かりやすくまとめられている以下のサイトをご参考にしてみてください。
ライフハッカー
インテル Core i3 vs. i5 vs. i7:どれを選ぶのが正解?
https://www.lifehacker.jp/2018/10/intel-core-i3-vs-i5-vs-i7-one-really-need.html

Windows7のサポート終了まであと半年。
次回はメモリ性能比についてお送りします。

URL
TBURL
Return Top